地域情報

千葉市科学館のプラネタリウムの座席はどんな感じ?ペアシートの予約はできるの?

千葉市科学館のプラネタリウム座席

千葉駅近くにある複合施設「Qiball(きぼーる)」内に、千葉市科学館があります。
その中にプラネタリウムがあるのですが、値段が安いわりに設備がとっても充実していると評判です!
座席はどんな感じなのか、またペアシートという席があり、予約などできるのか?
疑問に思いましたので、調べてみました!



千葉市科学館のプラネタリウムの座席はどんな感じ?

千葉市科学館のプラネタリウムは、ドームの大きさが直径23mで千葉県で最大です。
座席数は200席あります。
その他に

・ペアシート 5組
・車椅子スペース 4席

が用意されています。

座席は、ワイドなリクライニングシートです。
とてもリラックスして、プラネタリウムの番組を観覧することができます。
こちらは、千葉市科学館の一般の座席の写真です。

星空解説は、南の空を正面にして解説されます。

座席の位置ごとの特徴です。

後方の席

後方の席に座ると、星空全体を見ることができます。
また、後ろの座席ほど天球が広く見えます。

前方の席

前方の席はリクライニングの角度が深くなっていて、後ろの方もよく見えるようになっています。
寝てリラックスしたい方は、前の方の席がよいかもしれません。

中心の席

真ん中の、投影機の周りの席は、星空を歪むことなく見ることができます。

どの席も、前の座席との空間がとても広くて、移動も楽なうえ、圧迫感がありません。
座席の素晴らしさについてのツイートです。

全席自由席です。

各回、プラネタリウムの投影の10分前に入場を開始します。

入場開始時刻よりも早めに行って、並んでおけばお好きな席に座ることができます。
学校が休みの土日祝日、夏休み、冬休み、春休み期間中は子どもたちで混雑しますので、お気をつけくださいね。



ペアシートの予約はできるの?

ペアシートは、二人で座ることができる座席です。
カップルや、お子さんと一緒に座りたい時におすすめです。
こちらは千葉市科学館のペアシートの写真です。


こちらも自由席で、予約は受付していませんので、座りたい場合は、早めに並ぶとよいでしょう。

各回、プラネタリウムの投影の10分前に入場を開始します。

入場開始時刻よりも早めに行って、並んでおけばお好きな席に座ることができます。
学校が休みの土日祝日、夏休み、冬休み、春休み期間中は子どもたちで混雑します。
学校がある期間の平日だと、すいていて落ち着いて観覧できそうですね。

次は、千葉市科学館プラネタリウムの営業時間・アクセスです。




千葉市科学館プラネタリウムの営業時間・アクセス

複合施設「Qiball(きぼーる)」の中の、7階から10階が「千葉市科学館」です。
7階がプラネタリウムになっています。

プラネタリウム営業時間

9:00~20:00

休館日は公式サイトでご確認ください。
千葉市科学館公式サイト

プラネタリウムへのアクセス

電車の場合

総武線千葉駅東口より1,000m(徒歩15分)

京成千葉中央駅より430m(徒歩6分)

千葉都市モノレール葭川公園駅より350m(徒歩5分)

車の場合

車の場合は、同じビル内(きぼーる)に有料駐車場があります。

千葉市科学館のプラネタリウムの座席の評判は、すばらしいですね。
また、座席の位置によってリクライニングの角度が違い、お好みによって使いわけることができますね。
場所取りする場合は、早めに行く必要があります。
私はよい席を取るために、今度行く時は、投影開始の20分前に並んでみようと思います!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA