暮らし

液体洗剤や柔軟剤の蓋が開かない!簡単に開けられる解決策は?

液体洗剤の葢が開かない

家で使っている液体洗剤のアタックネオの蓋が、急に開かなくなってしまいました。

特別何かをしたわけではないのに、こんなことがあるのですね。

まだ中身もだいぶ残っているし、なんとかしてもう一度開けたい!と思い、いろいろ試してみました。

その結果、簡単に開けられる解決策は、お湯につける方法でしたので、やり方を紹介します。

アタックネオ以外の液体洗剤や柔軟剤の蓋が開かない場合でも、参考になると嬉しいです。



液体洗剤や柔軟剤の蓋が開かない時の解決策は?

簡単にできる解決方法をいろいろ試してみました。
私のおすすめの次の順で紹介していきます。

  • 一番簡単に開けられるのはお湯につける方法
  • 最終手段として考えていた方法
  • やってみたけど開けられなかった方法
  • の順に紹介します。

    一番簡単に開けられるのはお湯につける方法

    「お湯で温める」+「ゴム手袋」は一発で楽に開けることができました。
    手順は次のとおりです。

    1.おけなどにお湯(お風呂のお湯くらいの熱さ)を入れます。

    液体洗剤の蓋が開かない
    2.ぷかぷか浮いてしまうので、上から押さえておきます。(お皿などを乗せてもよいです)

    液体洗剤の蓋が開かない
    3.お湯の温度が下がってくるので、途中で熱湯を足します。(やけどに注意してください)

    液体洗剤の蓋が開かない
    4.10分くらいしたら、ゴム手袋をしてキャップを回してみます。
    簡単に開けることができました。

    液体洗剤の蓋が開かない

    それまでいろいろ試して、さんざん苦労したのですが、この方法であっけなく取れました。
    お湯につけることで、次のような理由で外すことができたのだと思いました。

    ・中の洗剤や空気が膨張して、蓋が中から押されて外れやすくなった
    ・お湯で外側についていた洗剤のぬめりもきれいに無くなって、キャップを回す時滑らなくなった

    お湯を準備するのが面倒な時は、お風呂に入るときに、お風呂にプカプカ浮かべておけば楽です。
    かなり力がない私でも簡単に開けられましたので、ゴム手袋が無い時は素手でも開けられると思います。

    最終手段として考えていた方法

    上で紹介した、
    「お湯で温める」+「ゴム手袋」
    の方法でだめだったら、最終手段を取ろうと考えていました。

    キリなど尖ったもので、本体の柔らかい部分に穴を開けます。
    中の洗剤が漏れないように、なるべく上の方に穴を開けるようにします。

    液体洗剤の蓋が開かない
    すると中に空気が入り、蓋が開きやすくなると思います。
    穴はテープなどで塞いでおけば、とりあえずは容器はそのまま使えます。

    やってみたけど開けられなかった方法

    いろいろ試してみましたが、だめだったのは以下の方法です。

    濡れタオルを当ててみる

    濡れタオルでは、グリップ力が強くないので、わりと滑ってしまいました。

    液体洗剤の蓋が開かない

    輪ゴムを蓋と本体にはめてみる

    蓋の部分は形がでこぼこしているため、回している途中で輪ゴムがズレてしまい、力がはいりませんでした。

    液体洗剤の蓋が開かない

    ゴム手袋でやってみる

    グリップ力はありますが、ゴム手袋をしただけでは取れませんでした。

    液体洗剤の蓋が開かない

    ドライヤーで温める

    蓋の部分を温めてみましたが、開きませんでした。

    液体洗剤の蓋が開かない

    いろいろ試してみて、途中でどっち方向に回すのか?わからなくなってしまいましたので、次で載せておきます。



    蓋を回すのはどっち方向かわからなくなった時は?

    蓋を逆に回していて、逆に閉めていたら大変です。
    蓋を回す方向はこちらです。

    液体洗剤蓋開かない

    蓋を回す方向と、本体を回す方向で逆回転させるように意識すると、より効果があるようです。

    最終的に開けることができてよかったのですが、なぜ開かなくなってしまったのか不思議に思いました。
    次で説明します。

    液体洗剤や柔軟剤の蓋が開かなくなる理由は?

    今回開かなくなってしまった理由は、おそらく

    本体の部分を押さえてへこませた状態で、蓋をきっちりしめた

    ことによると思いました。

    液体洗剤の本体部分は柔らかく、簡単にへこみます。

    へこんだ状態で蓋をしてから両手を離すと、へこんでいた本体が元に戻ろうとして、蓋が下へ引っ張られます。

    そして、開かなくなってしまったのだと思いました。

    液体洗剤の蓋が開かないトラブルを予防する方法は?

    液体洗剤の蓋が開かないトラブルを回避するには、次の方法がありますので紹介します。

  • 蓋を閉める時に力を入れない
  • ワンハンドタイプを使う
  • 力不足の場合は蓋開けを用意しておく
  • 蓋を閉める時に力を入れない

    上で説明したとおり、液体洗剤は力を入れて蓋を閉めると、本体がへこんで蓋が下へ吸い込まれて開かなくなってしまうようです。

    両手ともにあまり力を入れずに、ふわっとした力で蓋をするようにすれば、開かなくなることはないと思われます。

    ワンハンドタイプを使う

    「ワンハンドタイプ」という液体洗剤があります。
    こちらはノズルをプッシュすることで洗剤が出ます。
    蓋の開け閉めがありませんので、蓋が開かないトラブルは回避できます。
    蓋を開ける手間もなくなり時短にもなります。


    力不足の場合は蓋開けを用意しておく

    私もそうなのですが、力に自信がない場合は、キャップオープナーを用意しておくと何かと便利です。
    こちらは、ビンの蓋からペットボトルの蓋まで開けられて便利です。


      

    液体洗剤や柔軟剤の蓋が開かない時は、全体をお湯でしばらく温め、ゴム手袋を使って開けるのがおすすめです。
    お読みいただきありがとうございました。



    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA